アジア食品業界GS1

2018年3月14日

大メコン河流域圏におけるトレーサビリティ向上のための能力構築についてインタビューを受けたPatrik Jonasson, Public Policy Asia-Pacific, 取締役, Patrik Jonasson氏

2月20日、アジアの食品産業に関するアドボカシーと討論の拠点であるFIA(Food Industry Asia)は、アジア太平洋地域の公共政策担当ディレクターであるPatrik Jonasson氏に、GMS(Greater Mekong Sub-region)の農業に携わる地元企業のトレーサビリティ・キャパシティ・ビル

GMS地域における食品安全の強化:トレーサビリティ始まる

2017年9月、アジア開発銀行(ADB)とGMS地域の6つの農業省、カンボジア、中国、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムは、この地域の食料システムを改善するためにGS1バーコードの使用を承認した。
GS1は、ワイン、牛肉、デュリアン、テキラ、アスパラガスの国境を越えた出荷を対象としたアジア太平洋地域のパイロット・プロジェクトが成功し、サプライチェーン連結性に関するグローバル・データ基準の適用に関するAPEC研究が発表されるなど、食品サプライチェーン・プロジェクトに積極的な実績を有しています。
これらの経験は、食品サプライチェーンに沿った関係者にとって重要なGS1基準の役割を証明した。
このため、GS1は、研修の立ち上げとパイロット・プロジェクトの創出を促進することにより、アジア太平洋地域の農業部門のトレーサビリティを強化する新たなイニシアティブにコミットした。

トレーサビリティ・イニシアティブ:

GS1と6カ国は、これまでの2段階のプロセスに関与しており、第1段階では、それぞれの関係国でステークホルダーとの協議が必要であったが、第2段階では、特に中小企業を巻き込んだ農業分野の企業のキャパシティ・ビルディングに焦点が当てられた。
このイニシアティブは、Patrik Jonassonとこの地域のGS1 MOのチームによって調整された。
Patrikが指摘したように、「市場はまだサプライチェーンの基準を使っていないし、真のメリットが何なのかわからないので、私たちは農業企業の研修を計画しています。
GS1システムに対する理解度が向上し、容量が向上し、パイロットプロジェクトが実施できることを期待しています。
その目的は、国際的に認められた基準を実施することにより、消費者のトレーサビリティ、効率性を向上させ、信頼を高めることが可能であることを証明することである。

以上
原文をT-4OOで翻訳しています。
原文はこちら