経済協力開発機構(OECD)は、GlobalRecals PortalにGPCを使用しています。

経済協力開発機構(OECD)は、GlobalRecals PortalにGPCを使用しています。

2018年8月28日

日々、新製品が国境を越えてオンラインで製造販売されています。
貿易増加と更に洗練されたデザインは、消費者が購入する製品が安全であることを保証することを困難にする可能性があります。
OECDは、より良い情報の必要性に応えて、世界各地の管轄区域で発行された消費者製品リコールに関する定期的に更新された情報を含む、最初のオンラインツールである「GlobalRecallesポータル」を作成しました。
このポータルを使用して、消費者は、特に海外からオンラインで購入する際に、購入しようとする製品に関する安全性を確認することができます。
企業は世界中からの新たな危険の追跡を改善して、問題に迅速に対応できるようにすることができます。
また、政府は、安全でない製品を市場から排除し、消費者をより良く保護する立場に立っています。
OECDは、「GlobalRecallesポータル」の検索機能および多言語機能をサポートするために、製品識別(GTIN)およびグローバル製品分類(GPC)にGS1標準を採用することを選択しました。
GS1標準を使用することにより、管轄区域から「GlobalRecallesポータル」へのシームレスなデータ相互運用性が促進され、製品の曖昧性が排除されます。

以上
原文をAI翻訳「T-4OO」で翻訳しています。
原文はこちら