経済協力開発機構(OECD)がGPCを利用したグローバル・リコール・ポータル

経済協力開発機構(OECD)がGPCを利用したグローバル・リコール・ポータル

2018年8月28日

毎日、新製品は国境を越えて、オンラインで製造・販売されている。
貿易の増加とデザインの高度化は、消費者が購入する製品が安全であることを保証することを困難にする。
OECDは、より良い情報の必要性に応えて、世界各国の管轄区域が発行するコンシューマー製品のリコールに関する定期的に更新された情報を含む最初のオンラインツールである「GlobalRecallesポータル」を作成した。
消費者は、このポータルを使って、特に海外からのオンライン購入時に、購入しようとする製品に関する安全警告をチェックすることができる。
企業は、問題に迅速に対処するために、世界中から出現しつつある危機の追跡を改善することができる。
また、政府は、安全でない製品を市場から排除し、消費者をより良く保護する態勢を整えている。
OECDは、製品識別(GTIN)とグローバル製品分類(GPC)のためのGS1標準を採用し、グローバルリコールポータルの検索機能と多言語能力を支援することを選択した。
1つのグローバル・スタンダードを使用すると、管轄区域からグローバル・リコール・ポータルへのシームレスなデータの相互運用性が促進され、製品の曖昧さがなくなります。

Contact information

このプロジェクトについてもっと学ぶことに関心がありますか?

michael.mowad@gs1.orgのGS1グローバルプロダクト分類取締役、マイク・モワッドにお問い合わせください。
GPCの詳細については、https://www.gs1.org/gpcを参照してください。
OECD GlobalRecals Portal の詳細については、https://globalrecalls.oecd.org/Content.aspx?Context=AboutThePortal_Introduction&lang=En を参照してください。
GS1 加盟機関への連絡はこちらhttps://www.gs1.org/contact

About GS1

GS1は、世界で最も広く使用されているサプライチェーン基準システムを開発・維持する中立的で非営利のグローバル組織です。
GS1基準は、複数の分野にわたるサプライチェーンの効率性、安全性、視界を向上させる。
GS1は、112カ国の現地加盟機関とともに、貿易相手国、業界団体、政府、技術プロバイダーのコミュニティと連携し、グローバル・基準の適用と実施を通じてビジネス・ニーズを理解し、それに対応しています。
GS1は100万社を超えるユーザー企業によって推進されており、GS1基準を用いて150カ国で毎日60億件を超える取引を実行しています。
詳細はhttps//:www.gs1.orgをご覧ください。

以上
原文をT-4OOで翻訳しています。
原文はこちら