GS1が建設分野におけるグローバルスタンダード(世界標準)を進める

buildingSMARTとGS1が建設分野におけるグローバルスタンダード(世界標準)を進めるための基本定款を締結
ベンダー中立の非営利団体であるbuildingSMART International(bSI)は、
構築された資産経済全体のオープンなデジタル情報フローの開発を主導しており、
GS1との基本定款(MOU)の締結により、両組織が持つ専門知識やサービスを統合させ、
建設業界が利益を得ることを可能にします。
特定製品の識別と製品データの交換におけるbuildingSmartおよびGS1のグローバルスタンダード(世界標準)の使用は、
今日の建設部門におけるデジタル化の課題に取り組む上で非常に重要です。
この基本定款により、建物やインフラのバリューチェーンとライフサイクル全体にわたるオープンスタンダードベースの相互運用性の利点、
およびデジタル製品情報の幅広い適用がさらに強化されます。
共通のビジョンと目標を掲げたこの基本定款(MOU)の目的は、
地域社会ごとに開発、維持されている基準の幅や深さを共同で拡大することです。
「BuildingSMART(bSI)とGS1の間で合意されたこの基本定款により、
私たちの組織が同様の価値観とコアミッションを持っていることが認められたため、私は興奮しています。
この発表により、エンドユーザーに対してより高レベルの基準を適用することで、
よりオープンで相互運用性のある作業方法を推進する機会がさらに広がる」
と、BuildingSMART International(bSI)の最高経営責任者(CEO)、リチャード・ペトリーは述べています。
「特定製品の識別と製品データ交換のための世界標準の使用は、建設業界にとって大きな機会です。
世界中で建物情報モデリングの規制が増加し、バーチャル・ツインズの価値が増加したことは、この動向を裏付けるものです。
GS1はこの合意により、業界がデジタルの課題に取り組めるようになり、非常に嬉しいです。」
と、GS1グローバルオフィスのCEO兼社長、ミゲル・ロペラ氏は述べています。

以上
原文をAI翻訳「T-4OO」で翻訳しています。
原文はこちら