セブンイレブン、全米で「Apple Pay」と「Google Pay」に対応へ

AppleペイとGoogleペイで海外セブンイレブンのスラピー(フローズンドリンク)を買うことができる。

同コンビニエンスストアはようやくタップ・ツー・ペイ(非接触型決済)の時代に入ってきた。
海外セブンイレブンは、長い時間がかかりましたが、とうとうタップ・ツー・ペイ(非接触型決済)を導入する準備が整った。
同コンビニエンスストアチェーンは以前から示唆されていたように、AppleペイとGoogleペイを米国の店舗にてサポート(導入)することになった。

米国内のほとんどの店舗は9月末までに両フォーマットをサポートする。また、セブンイレブンはエンガジェット(マニア向けのガジェットサイト)に「技術的には8月からロールアウト(導入)が開始していた」と発表していた。
すでにサムスン・ペイは使用可能だが、今回のサポート追加により原理的にはどの買い物客でも、深夜にお菓子を買えるようになるのだ。
AppleペイとGoogleペイの追加は単にサポートが増えただけのように思えるが、そこに至るまでにはかなり長い道のりがあった。
セブンイレブンはモバイル決済システム「CurrentC」を大々的に導入し、より商業的にメリットのある(しかし不便な)技術を利用してもらうために、これまで断固としてNFCによる支払いに対応することを拒んできた。

しかし、現実は・・・
CurrentCは現在展開に苦しんでおり、一方でNFCは利用箇所を広めドラッグストア「Rita Aid(リタ・エイド)」などでも利用できるようになった。
セブンイレブンがAppleペイとGoogleペイを導入することで、財布(現金)よりもスマートフォンで支払い買い物客が古臭い(面倒)と感じることはなくなるだろう。

以上
原文をAI翻訳「T-4OO」で翻訳しています。
原文はこちら